入浴が美容法になるコツ

ae948763271a1a4d40eea4cda6f0e593_s

わたしが気に入っている美容法の中に入浴があります。入浴は健康法でもあるけれど美容法にもなります。入浴を美容法にまで高めるためにはちょっとコツがあるのでそれを紹介します。

まず入浴は基本的に身体の汚れをきれいに洗い流す場です。それから身体を温めて血流をよくする場所でもあります。身体を清潔にして身体を温めることで1日の疲れが解消される効果があります。そして夜ぐっすり眠れるとか、翌日に疲れを残さないという健康効果があります。

お湯の温度は、健康法のためにはちょうどいいくらいからちょっと熱めでもいいと思います。ちょっと熱めの温度のお湯に入るとはじめは熱いと思いますが、だんだんその温度に慣れてくると快適になってきますし、汗がどんどん出てきます。

はじめはどろっとした濃い汗が出てきても、汗をたくさん出すうちにだんだんサラサラした汗に変わってきます。サラサラしたいい汗は「天然の美容液」とも言われています。どろどろの汗とは汗の質が全く違うのです。

ここまでいくと入浴が美容法になります。健康法からワンランクアップする感じです。じっとりした濃い汗がサラサラの水のような汗に変わるまで毎日このように入浴するのがわたしのおススメです。

Comments are Disabled