ファンデーションの交換時期とは?

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

女性は、エチケットとして化粧をしなければならないって、誰が決めたのでしょうか。人前に出るときは、必ず化粧をしなければならない、しなければ失礼だ、と思われているように思います。

パティシエをしている友人は、朝早くから出勤し、夜遅くまで働き、オーブンを使ったりと肉体労働もあるので、化粧どころではないと、化粧をしていても汗で流れてしまう、と言っていました。しかし、接客しなければならない時は、「口紅くらいひけ」と言われるそうです。男性にはない特有の手間や煩わしさですよね。

一般的なお仕事をされている人は、化粧をすると思います。化粧にかかせないのは、やはりファンデーション。ファンデーションも今では色んな種類も出て、パウダーファンデーションからリッキッドファンデーション、BBクリームやCCクリームも出ています。ただ単に肌を美しく見せるだけではなく、保湿効果であったり、24時間つけていても大丈夫というものもあり、化粧をし、肌を美しく見せるだけでは、女性は物足りなくなってきているようです。

日本には四季があり、気候の変化、気温の変化が著しい国です。そのため、季節ごとに基礎化粧品を変えなければならないのは、すでに常識かもしれませんが、ファンデーションも季節によって変えるべきなのです。

私がお世話になっている「アルビオン」の販売員の方が、「ファンデーションの交換時期は2月と8月」とおっしゃっていました。2月はまだまだ寒い、8月はまだまだ暑いと思われますが、その時期から紫外線量や湿度など、冬から春、夏から秋と変化しているようです。体感ではまだまだ・・・と思いますが、お肌は敏感。その時期からとり入れていかなければ遅いと。

そんなこと言われたら、ファンデーションを変えたくなりますよね。私はさっそくアルビオンの「ジェルマスクファンデーション」に変えました。秋に変わっていっていると言ってもまだまだ暑い。しかしこのファンデーションはSPF25、PA++としっかり守ってくれます。カバー力もあり、保湿効果も十分。いち早くファンデーションを交換した女子力の高い自分にも満足です。

化粧にはかかせないファンデーション。見直してみてはいかがでしょうか。

Comments are Disabled