きれいな肌を演出するためにどうして必要なものは?

45b6ad076d5239c31c5ca49be9f2f6ce_s

女性にとって毎日のメイクは欠かせないもの。

それだけにきれいな肌を演出するためには自分にあったファンデーションだけでなく、

その上手な使い方や知識を得ることも欠かせません。

そんな情報を求める方に役立つ体験談や豆知識をまとめています。

ファンデーションの必要性

b12ed5ddda2f950cc120f842de39b6f4_s

そもそもどうしてファンデーションが必要なのでしょうか?

実はファンデはきれいな肌を演出するだけでなく、他の役割も持っています。

それは紫外線から肌を守ること。

紫外線のダメージはすぐに影響するものだけでなく、蓄積して将来のトラブルにつながることも。

そんなトラブルから肌を守ってくれるのもファンデーションなのです。

ただ塗ればいいわけではありません!!

202d2271b661fff1cbe7c26b0d943a16_s

そんなファンデーションですが、ただ単に塗ればよいのかというとそうではありません。

メイクはファンデだけでなく、その前のスキンケアにも気を付けなければいけません。

というのも肌が悪い状態でいくらファンデをのせてもまだらになってしまうだけでなく、

さらに化粧崩れもしやすくなってしまうためです。

そんな状態を避けるには保湿が欠かせません。

夜のスキンケアでしっかりとケアすることはもちろん、朝も洗顔から化粧水、美容液、乳液、クリームと保湿ケアを欠かすことが内容にしなければいけません。

そうしてしっかりと土台を作ったうえでファンデをのせることできれいな肌を演出することができるのです。

種類ごとの特性を知ろう!!

ae948763271a1a4d40eea4cda6f0e593_s

土台を作ったら今度は種類ごとの特性を知ったうえでファンデーションを使いましょう。

ファンデーションにはパウダー、リキッド、クリームと種類ごとに特徴がまったく違います。

パウダー

粉上のファンデはとても扱いやすく、メイク初心者の方におすすめできるタイプ。

カバー力は他の種類に比べ控えめですが、化粧直しが簡単にできる特徴を持っています。

リキッド

水分を多く含む液状ファンデーション。

水分を含んでいるために乾燥に強く、保湿力があります。

反面扱いに慣れが必要で、上手に使わないとムラができてしまうことも。

でも、化粧崩れしにくいため一度メイクをしたら何度も化粧直ししなくてもよいメリットを持っています。

クリーム

クリームは油分を含む液状のファンデ。

3つの種類の中で最もカバー力が高く、化粧崩れしにくい特徴を持っています。

その反面、肌への負担が大きく、敏感肌の方にはおすすめできるタイプではありません。

ですが、保湿力、カバー力は最も優れています。

肌が敏感な場合は?

b982a8691dfa0b403ed4c18ab32bb216_s

ファンデーションは肌に直接触れるために敏感肌の方に特に注意をしなければなりません。

敏感肌でも使えるファンデーションは全体の種類から見ると少数で、しっかりとした知識をもとに慎重に選ぶ必要があると言えるでしょう。

そんな中でもパウダータイプは最も負担が少なく、メイクオフしやすい特徴を持っています。

メイクオフをするときもクレンジングでダメージを受けやすい敏感肌。

それだけに簡単にメイクオフできることも大切です。

そのために敏感肌におすすめなファンデーションを常に調べておくことが重要でしょう。

きれい肌のためにしっかりとした知識を吸収して、上手な使い方を習得しましょう!!